<   2005年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
に~う~
c0000816_10443488.jpg母の実家は宮城県仙台市なのだが祖父母の生まれ育った街は仙台市から離れた漁村で、まだまだ親戚がたくさんいる。
先日母が帰省した時に、なんと殻付のままの“うに”をお土産に持って帰ってきた。
幼い頃は夏休みになるといつもその田舎に帰っていたんですが、おばあちゃんがバケツ一杯のうにの殻を剥いて身?を取り出し、たらふく食べさせてもらっていたものです。

そんな古き良き時代は遠い昔。殻付のうにを食べるなんて何年振りかしら。
日本酒を飲みながら・・・と思ったが。白ご飯にのせての「うに丼」にはかなわなかった!!
久しぶりに白飯を食べた気がします。

なんて贅沢なんでしょう。おいしゅぅございました。
[PR]
by machigua | 2005-03-26 11:03 | その他
BEGIN at バナナホール
3月22日(火)BEGINのライブに行ってきました。
前日の万博公園でのライブの打ち上げで相当飲んだらしくMCではまず「昨日の事覚えてるかぁ~。」から始まった。ライブ途中でBEGINから2つの選択肢をお客さんが選ぶという趣向が取り入れられた。
Aコースは「あなたの島の島唄コース」。もう1つは「僕らのブルース」のBコース。正直私も以前から「恋しくて」は知っていたが三線をはじめてからBEGINを聞き始めた部類である。なんせ竹富島にはまって「竹富島で会いましょう」をいつかコンドイビーチで弾き語りたい!と思ったのが三線を始めたきっかけでもある。数少ない三線のレパートリーもBEGINの島唄が大半をしめている気がする。
「両方やるのはなしだよ」と栄昇さん。
悩むところであったが、以前から渋谷のB.Y.Gがすごく良かったと聞かされていたのでぜひこのライブハウスでは思う存分ブルースを歌って欲しいと思った。まぁ私は去年の野音で島唄聞いたしね。
自分が聞きたいコースで拍手をして多い方を選ぶという原始的な決め方であった。
結果は・・・
ちょうど半々ぐらい。実は島唄ファンが多いんではないかと思っていたが半分はブルースを聞きたいと思っているファンがいたことがなんだかうれしかった。結局BEGINもブルースをやりたかったんだろうと思う。Bコースをやることになったのだが、いざ始まると島唄を聞きたかったファンを遠く感じたんだろうか。
「アンコールなんてやるかわからないさぁ。未来なんてわからないけど、もしもやるとなったら島唄のリクエストを2曲やろう!!」と栄昇さんが提案した。
あんまりわからない歌が多かったがBコースを聞けてよかったと思っている。Bコースに入る前ではあったが生で聞く「恋しくて」では何回も聞いている曲のはずなのに涙が頬を伝っていた。。。島唄はどちらかと言うと例えば前日の万博公園のようなス大きいスペースでみんなで盛り上がるほうがいい。バナナのようなライブハウスではやはりブルースがBEGINらしいと思う。
あっと言う間に時が経ち、ライブは終了。
さてさてみなさんお待ちかねのアンコール。
リクエストを受付始める。観客席からは「オジー!オバー!かりゆし!がんばれ節!風よ!涙そうそう!」と声が飛び交う。

「さっきは2曲って言ったけど、そんなの関係ない。未来なんてみんなの力でなんとでもかえられるんだ!!よし、3曲やろう。」

今この瞬間のライブのことだけではない。そう、未来なんてわからない。だが想いは必ず伝わるんだ。そう思える栄昇さんの優しい言葉だった。
結局「オジー、かりゆしの夜、涙そうそう」の3曲を演奏し3時間という長く熱い熱い夜は終わった。
武道館でやるのもいい。大阪城ホールでやるのもすごいことだと思う。でもまた何年後かにはまたバナナに帰って来て欲しい。
[PR]
by machigua | 2005-03-24 22:30 | ライブ鑑賞
牛祭り
c0000816_19190100.jpg2月27日(日)八重山は黒島の牛祭りに行ってきた。前日は島宿なんくるに宿泊。宿のオーナーに「三線持って来たなら弾け」といわれたが私が弾ける曲なんて宴会ソングしかない・・・。では一緒にという事で深夜遅くまで一緒に三線を弾き島酒を飲んで楽しい時間を過ごした。残念ながら昼間に降った雨のせいでデッキが濡れていて外のデッキでの宴会はお預け。

さて、祭りはと言うと前日にはしゃぎすぎたせいで最高潮に気分が悪い。牛汁なんて食べれる状況ではない。12時過ぎまで部屋で撃沈・・・。なんとか重い腰を上げ会場へ。会場では人間対牛の綱引きやら八重山農業高校?の郷土芸能部による舞踊などで盛り上がっている。まっちーは撃沈モードからなかなか回復できないでいた。請福の振舞い酒で迎い酒。楽しみにしていたもも焼きや牛汁は一切体が受け付けなかった。これまたお預けである。そうこうしているうちに会場では神谷千尋ちゃんのライブが始まる。唯一知っている曲である「空よ海よ花よ太陽よ」は唄わなかったがアルファー波満開で癒された。千尋ちゃん唄上手だしちっちゃくてかわいかった。その後は黒島出身の島中久さんのライブ。「ハートだよ♪ハートだよ~♪」みんなで踊り盛り上がりは最高潮に達していた。そしてまちにまった抽選会。一等賞はなんと「牛一頭」。結局石垣在住の若いにぃにぃが当選。以前弁天町のイベントで2等賞を当てたことがあったので(商品券1万円分)ちょっと自信があったんですけどね。残念。期待してた方、ごめんなさいね。来年がんばります。


c0000816_19521827.jpg祭りのあと。。。
宿のオーナーが牛祭り実行委員長ということもあり反省会という名目の打ち上げに参加させてもらった。なんとか昨日のお酒も抜けてきたところにまたビール。「何ヶ月も前から準備してこの祭りはほんとにみんなの手作りのお祭りなんだよ。みんなボランティアでなんでこんなに大変な思いをして祭りをすると思う??終わったあとのこの達成感なんだよ。このおいしいお酒を飲むためにがんばったんだ。」

c0000816_2055464.jpg島人がそういってほんとにおいしそうに島酒を飲む姿が印象的だった。そうこうしているうちに地謡は島の三線の名手といわれる方、踊りは婦人会の方々による本場「黒島口説」が始まった。島で聞く島唄はいつも以上に胸に熱いものが込み上げる。その後も三線の音色は鳴り止まなかったのだがなんと昨日はしゃいだせいで私が三線を弾くことを知っている人達が私に三線を持ってきた!!!こんな島の人達の前で弾けるわけがない!だがもう弾かなければ場の空気が乱れる。困ったことに民謡なんて弾けないし。と思っていたら祭りの後に港でライブをされていた鳩間島の加治工勇さんが目に入った。「えーいどうにでもなれ!!」と「鳩間の港」をご本人の前で弾いてしまったのでした。一曲だけでもちゃんと唄える民謡を覚えておくべきだった。。。(反省)

牛祭りを開催して以来一度も雨が降ったことがないそうだ。今年も最後に小雨がパラついたがなんとか最後まで持った。みんなの思いが天に届いているのだろうか。こうして初参加の牛祭りアンド打ち上げは夜遅くまで続き幕を閉じた。
そしてまた次の日もいつものようにハートランドに日が昇る。
[PR]
by machigua | 2005-03-19 20:25 | 旅の出来事
  

深夜遅くより始発まで営業します
by machigua
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
日帰り旅行の情報です
from 日帰りガイド
リピータを増やす為にすること
from 内職副業!誰でもすぐ出来るブ..
07GW 小笠原紀行⑭ 完
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑫
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑩
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑧
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑦
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行①
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
とぅばらーま教室
from 三線・地謡の【お祝い】ブログ
[八重山商工2回戦]9回..
from 南西ブログ~沖縄とか、
rink
モリハラ店主のblog
spiceherbな出来事
hiroさんのblog
牡蠣フライにはケチャップ
べっちーさんのblog
だっからよー な日々
takarinさんのblog
てぃだぬあがるまでぃん
ちゅんせさんのblog
蒼穹のムリカ星
加恵蔵さんのblog
*加恵蔵日記*
りる姉さんのblog
ゆみん☆の食卓&diay
ごんぞさんのblog
三線弾きはカジマヤーで魂を売る?
ダイバーうきくささんのblog
うきくさただよふ
おネェのblog
in Love with ocean, summer & surf
ライフログ
お気に入り

ナラタージュ

検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧