愛とロマンの北海道旅日記 礼文編その3
島抜けの朝。
3時30分、4時30分と連日の早起きが続く。
前日は10時間のトレッキングで体がギシビシと悲鳴をあげている。
眠い。。。しかし、起きなければならない。

そう、「うに丼」を食べに行かなくてはならないからだ。

よってこの日も4時30分起床。

前日8時間コースを歩いた仲間と徒歩40分程の場所にある
佐藤売店というところに向かう。

c0000816_23501563.jpgこの売店は漁師さんがやっているそうで朝の5時から営業しているのだ。
店先にはトドの剥製がお出迎え。
やっとこさ辿り着いた「うに丼」 ここのうに丼は1000円から食べられるリーズナブルなお店。

c0000816_23514257.jpg私がオーダーしたのはダブルうに丼1800円。と・・・「ビール!!」
ほんとは呑んじゃいけないんだけど、もう今日宿をたつわけだしまぁ一杯くらい多めにみてもらいましょう。今はちょうど「バフンウニ」がシーズン、利尻、礼文のウニといえば最高級品。うまくないわけがない!!あぁあぁぁぁあぁぁ幸せ♪♪


c0000816_021739.jpgこの日は島の厳島神社のお祭りがある日。帰りの道で見かけた風景。
大漁旗が漁師町って感じですよね。ほんとはお祭り見て帰りたかったんですが札幌で約束があったので断念。


そして至極の「う~に~ツアー」から宿へ戻ると、チェックアウトの時間が過ぎていた。
チェックアウトの手続きは日本時間の6時半。早すぎますぜ。とにかくせかされせかされチェックアウトの手続き。



c0000816_08538.jpgすると今から朝一のフェリーで島を発つ人達が宿から歩いて港へ向かうため、宿の前でお見送りが始まる。
ちなみに私も同じ便で島を発つんですがどーしても歩くのが嫌だったので車で送ってもらう。(一応歩いて行くのが前提らしいが頼めば車に乗せてくれます。)「うに」には行けても帰りは歩けないんですねって言われたけどー(笑)


c0000816_013630.jpgこれ、ちなみに朝の7時ですから(笑)朝からハイテンションですよ。
そして桃岩荘の前の坂(見返り坂)を登ってゆく旅人達を姿が見えなくなるまで見送り続ける。
「いってらっしゃーい」
「いってきまーす」
「また来いよー」
「また来るよー」
姿が見えなくなってもなお続く。


c0000816_0215850.jpg最後は8時間コースの仲間達+ヘルパー君と記念撮影。
このヘルパーさんは西表の製糖工場にいたらしく島ぞーり履いてた島ぞーり仲間なのだ。まっちーももちろん島ぞーりだよん。みんなに北海道でなんでビーサンなの?って聞かれたけどwでも宿出入りしたりするにはかなり便利なんだよね。やっぱ島ぞーり最高。毎日島ぞーりで生活したいよー。(脱線。。。)



c0000816_029542.jpgそして島を発つ時間がせまってくる。なんだか2泊3日なのにかなりあわただしく過ぎていった。港では8時間仲間や他のホステラーさん達と別れを惜しみ、フェリーに乗り込む。乗り込んだらすぐに後ろのデッキに出る。するとヘルパーさんと残るホステラーさんが唄って踊ってお見送り。これはもう礼文の風物詩になっているとか。。。船の上から見送られる人達も船の上で一緒に踊る。


c0000816_0341640.jpg船が港を離れても「いってらっしゃーい」「いってきまーす」と掛け合い。若干冷たい視線も感じるが、感動的であることも否めない。感極まって泣いてしまう女の子もいるとか。。。誰かの日記で2泊や3泊で泣けてしまう人は感情移入しやすい素直な人だと。そしてここで泣いた人は間違いなく桃岩荘にはまる人だとw

そんな盛大なお見送りをうけて島を出る。興味のある人は画像を見つけたのでどうぞ(注意:音が出ます)

港でのお見送り動画はこちら

桃岩荘は噂通りの宿だった。忙しく過ぎてしまって他のお客さんと話たり出来無いのは若干残念であるが童心にかえって唄って踊る様はさながら宗教のようだw
桃岩教、否、桃岩狂 である(笑)

今のYHの中では異色を放っているかもしれない。リニューアルしたりしているYHよりも設備は綺麗とはいえないかもしれない。
(でも波照間のT荘利用者にはどこだって綺麗に感じるよねwだって地面に足が全部つけられるんだもん!それだけで十分w)

ぶっちゃけ正直若干めんどくさいとこもある(笑)
(宿に入るときだけじゃなく宿の中にいても食堂の出入り、風呂の出入りのたびにいってらっしゃい、いってきます、おかえりなさい、ただいまが飛び交う。

でもそこにはたくさんの笑顔と感動とどことなく懐かしい昭和の匂いが溢れていた。
掃除も行き届いてるし、ヘルパーさんだけではなく宿泊者も宿を愛している。
ヘルパーさんだけが頑張ってもこの宿は成立しない。
ヘルパーさんと宿泊するホステラーさんとみんなで作る「桃岩荘」なのだ。

そんな「桃岩荘」に興味を持った方は一度、人生の経験として
試してみてはいかがでしょうか?

以上礼文編完結。 次回は富良野、美瑛編です。
[PR]
by machigua | 2007-07-28 23:56 | 旅の出来事

深夜遅くより始発まで営業します
by machigua
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
日帰り旅行の情報です
from 日帰りガイド
リピータを増やす為にすること
from 内職副業!誰でもすぐ出来るブ..
07GW 小笠原紀行⑭ 完
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑫
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑩
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑧
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑦
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行①
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
とぅばらーま教室
from 三線・地謡の【お祝い】ブログ
[八重山商工2回戦]9回..
from 南西ブログ~沖縄とか、
rink
モリハラ店主のblog
spiceherbな出来事
hiroさんのblog
牡蠣フライにはケチャップ
べっちーさんのblog
だっからよー な日々
takarinさんのblog
てぃだぬあがるまでぃん
ちゅんせさんのblog
蒼穹のムリカ星
加恵蔵さんのblog
*加恵蔵日記*
りる姉さんのblog
ゆみん☆の食卓&diay
ごんぞさんのblog
三線弾きはカジマヤーで魂を売る?
ダイバーうきくささんのblog
うきくさただよふ
おネェのblog
in Love with ocean, summer & surf
ライフログ
お気に入り

ナラタージュ

検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧