愛とロマンの北海道旅日記 礼文編その2
北海道旅日記①はこちらからどうぞ。

「唄と踊りの桃岩荘」にはもう一つの名物がる。
それは「愛とロマンの8時間コース」というツアー。

礼文島の西側は遊歩道になっていて車も二輪車も通れない。
花の浮島礼文島とは言うものの車で通れる場所には花はないらしい。
よーするに花が見たければ自分の足で頑張れということだ。

そんな西側のコースを8時間かけて歩こうというのがこのツアー。
途中険しい道などがあり、見ず知らずの男女が手と手を取って
歩く間に愛が生まれることもあることからこの
「愛とロマンの8時間コース」と言う名が付けられているのだ。
(でも8時間じゃ歩けませんけどw)
実際に結婚したカップルもいるらしーですよー!!

今回の旅日記のタイトル「愛とロマン」もこのツアー名から引用させてもらった
(ようはパクッてるだけ!?なんかゴロがいいよねぇ)

ちなみにこのツアー、桃岩荘に泊まるお客さんで参加者を募って
リーダー、サブリーダーをその中から決めて所定の場所から定期連絡をいれる
さぁー行ってらっしゃい。の放置プレーツアーなのだ。
(ごくたまにヘルパーさんの引率があるらしい。)

この日はめずらしくヘルパーさん主催の「滝ツアー」があり
そっちに人数が殺到したため8時間コースは女6人男1人、
女だらけの8時間となりましたw

c0000816_2244351.jpg朝4時半に目覚めて出発です。
島の最北限「スコトン岬」までバスで送迎してもらう。
ここからスタート。


c0000816_2295194.jpg「よーし、いってきまーす!!」










c0000816_22112516.jpg関係ないけど最北限のトイレ。
とりあえずいっとこか。


c0000816_22121723.jpg丘を超え、行こうぉよぉ♪♪
天気も快晴!!緑も花も綺麗だぞ!!
ちなみに前日担当ヘルパーとバッチリ目が合ったのでリーダーに任命されちゃった。

c0000816_2216569.jpg海がね、沖縄の海バリに綺麗!!
一緒に歩いた2人組(カブで道内一周中!!)は石垣の某ホテルのリゾートバイトで知合った二人組だったので、「八重山の海に負けないねぇ~。あ~島の海に入りたいねぇ」なんてここでも八重山トークで盛り上がったのさ。


c0000816_22195554.jpg歩き出してようやく3時間程で澄海岬(スカイ岬)に到着!!名前の通り澄んだ色した素敵な岬。ここは売店もありビールが売ってるのだ!うぅー呑みたい、呑みたい、呑みたい ヾ( `Д´)ノ ガルゥー
でも我慢。リーダーに任命されてなかったら間違いなく呑んでたよ。
ヘルパーはそれを見越したんだろうか(笑)だったらあんた、ほんとに偉いよw
でも、のちにここでのビール断念が間違いなかったことを思い知るのだ。


c0000816_2228117.jpgとりあえずみんなで集合写真。
さぁまだまだ道のりは長いぞー。


c0000816_22321989.jpg海が見える場所ってなんだか疲れてても落ち着くぅ。
一休み。一休み。
なーんてゆってる間もなく写真だけとって速攻出発(笑)


c0000816_22343385.jpg一応ここが手と手を取って歩き愛が芽生えるという場所。結構急勾配。
まぁ女だらけですから、手を取り合うこともなく、
愛が芽生えることもなく(笑)自分で一杯一杯になりながらひたすら進む。

でも、女だらけもいいもんだ。愛は芽生えずとも、素敵な絆が芽生えるものです。


c0000816_22451192.jpgやっとこさのお昼ごはん。このお弁当は桃岩荘特製その名も「圧縮弁当」 ごはんがギューギューにしきつめられた名物弁当。ぶっちゃけなんてことない弁当。中村釣具店なら・・・。とも思いますが何時間も歩いてきたところで食べる弁当。「コメうめぇっ」て思いますwここで一人だけ違うものってのも味気ない。共に歩いてきた仲間と共に同じ弁当を食すことに意義があるのだ!!

c0000816_22565286.jpg食後定期連絡を入れ、再出発。ここからの登りがキツイ。正直なんでこんな辛い事してるんだろーって泣きそうになる。膝が痛くて下りがツライ。でもみんなと話たり綺麗な景色みたりしながらがんばって歩く。でもほんとに舐めてた。縄文杉8時間トレッキングしたけど平気だったしーって余裕こいてたら比じゃなく辛かった(歳のせい!?)


c0000816_2321042.jpg


ようやく林道を通り過ぎ桃岩荘までの道を行く。
太陽が海に沈んでゆく。一日の終わりを告げようとするとともに私達のゴールを祝福しているようにまぶしく輝く。まさに青春の1ページ。


c0000816_2381184.jpg


8時間コースを終えて桃岩荘の見える坂の上までくるとヘルパーさんが桃岩荘の屋根に登ってお出迎え。ゴールの時は写真とれないのでこの写真は前日撮ったもの。(このアングルカッコ良く映ってるよねぇ>自己満足)
実はこの日、連休の初日だったので最終便で来る客が多いだろうからヘルパーさんはお出迎えやら宿の説明で忙しかろう。でもせっかくだからヘルパーさんみんなに出迎えてもらいたい!とみんなで話し合って、ヘルパーさんが手空きになる時間にゴールするように若干時間調整したのだ(笑)


c0000816_23115018.jpg調整の甲斐あって(笑)見事にみんなでお出迎え。
「おっかえりなさーい パパヤ おっかえりなっさい♪♪」
ここでも唄って踊ってお出迎え。
到着したのが18時30分。(桃時)約10時間半の道のりでした。
こんだけ歩いてきたのに踊るって!!でも踊れてしまうんだなぁ。


c0000816_23151017.jpg最後はみんなで記念撮影。
チャラチャッチャッチャ♪♪
愛とロマンはうまれなくても汗と涙の8時間。素晴らしい友情がここには残るのだ。


c0000816_23233751.jpgこの日の夕日は綺麗に水平線に落ちて行きそうだ。ミーティングも始まってるしようやく静かに夕日がみえるぞ!って思ったら大間違い
「ピンポンパンポーオン」
「みなさん、後ろをご覧下さい。今日は夕日が綺麗に落ちそうです。玄関前に集合してください。みんなで夕日を沈めましょう!」
と言う館内放送が入る。館内放送って言っても外にもスピーカー付いてるけどね。


マジかよぉ~。って思ってしばらく夕日見てたら、みんなで唄いだした(;´Д`A ```

いいんだよ。いいんだけどさ。だってここは桃岩荘だもの。そうだよね。静かに夕日が見れるなんて思った私が間違ってたよ。。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。

騒ぐの大好きだけど夕日は静かに読書しながらまったり見たい派なのだ。次回の教訓にしよう。

c0000816_2332167.jpgってなわけでまぁそんな体験もしながら桃岩最後のミーティング。
昨日よりも唄も踊りもわかってきて楽しくなる。この日は「切手のない贈り物」とか「翼をください」とか教科書でならったような唄もあって結構唄えて気持ちよかったw



こう見えて結構堅実派のまっちーは、この歳でヘルパーさんとかやってて将来どうするつもりなんだろう(このユースは6月から9月までしかやってない)とか関係ないのに心配してしまった。

でもこの一生懸命さに私は感動した。だって朝から晩まで手を抜く事なく唄って踊ってみんなを楽しませようと(若干自己満足なのかもしれないけど)汗ダクになって唄い、ダミ声になるまで声を張り上げる。もちろん掃除なんかやいろんな仕事を機敏にこなす。
そんなに一日を真剣に力の限り生き抜いたことのある人間が世の中にどれだけいるだろうか。

唄ってる時の真剣な顔、ギターを弾いてる時のキュートな笑顔。
心から音楽とそして桃岩荘を愛してやまないんだろうと彼等のハートが伝わる。
彼らは彼らの道を歩めばいいんだな。と、考えを改めさせられました。

一人のヘルパーが言っていた。
「6月から9月までの4ヶ月間、僕らは24時間、桃岩荘のヘルパーです。」と。

この宿を否定的に酷評する人たちもいる。
内輪だけ盛り上がって、バカ騒ぎしに来ているだけだと。
確かにその意見もあながち間違いではない気もする。

だけど、このユースにはみんなで踊って自分をさらけ出すことで
見ず知らずの人と助け合い、分かち合いながら8時間歩くことで
新しい自分と向き合える不思議な力がある気がする。
(私はそもそも知性、教養、羞恥心あんまりないから特にかわらんかったけどw)

今はなんでも情報が手に入る時代。
自分に合う宿、そうじゃない宿の選択は自由に出来るだろう。

だからこんなユースが世の中に1つはあっていいんじゃないだろうか?

最後に熱く語ってしまった。。。
それくらい何かを感じる場所であることは間違いない。

そんなことを考えながらすでに寝ている人のイビキを子守唄に眠りに着くw

翌日は(「は」じゃなくて「も」が正しい)早起きして「ウニ丼」食べにいくどぉ~!!


つづく
[PR]
by machigua | 2007-07-22 22:41 | 旅の出来事

深夜遅くより始発まで営業します
by machigua
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
日帰り旅行の情報です
from 日帰りガイド
リピータを増やす為にすること
from 内職副業!誰でもすぐ出来るブ..
07GW 小笠原紀行⑭ 完
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑫
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑩
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑧
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑦
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行①
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
とぅばらーま教室
from 三線・地謡の【お祝い】ブログ
[八重山商工2回戦]9回..
from 南西ブログ~沖縄とか、
rink
モリハラ店主のblog
spiceherbな出来事
hiroさんのblog
牡蠣フライにはケチャップ
べっちーさんのblog
だっからよー な日々
takarinさんのblog
てぃだぬあがるまでぃん
ちゅんせさんのblog
蒼穹のムリカ星
加恵蔵さんのblog
*加恵蔵日記*
りる姉さんのblog
ゆみん☆の食卓&diay
ごんぞさんのblog
三線弾きはカジマヤーで魂を売る?
ダイバーうきくささんのblog
うきくさただよふ
おネェのblog
in Love with ocean, summer & surf
ライフログ
お気に入り

ナラタージュ

検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧