愛とロマンの北海道旅日記vol.1 礼文編①
みなさんが台風4号に翻弄されている頃、
まっちーは一人北へと向かう。

すでに欠航した沖縄便を横目に(行けなくなった方スイマセン)
向かうは人生初上陸となる北海道! 目指すは北の最果て礼文島!!

説明しよう!
礼文島とは北海道稚内市からフェリーで2時間の離島で
高緯度にあるため海抜0mからたくさんの植物が観察でき
内地よりもはるか低い場所で高山植物や礼文固有種の花が咲き乱れる
別名「花の浮島」と呼ばれる人口3300人ほどの島である。

2003年初めての一人旅、最初の1泊目に宿へ登場した
竹富島の水牛車観光で働くニィニィが(私が三線を弾くきっかけにもなった人)
礼文島でヘルパーをしていたので、礼文の話をきいて一度行ってみたいと
思い続けていた島なのだ。

そう、そして、礼文島と言えば・・・・
旅好きの中では有名な、あの日本三大バカユースと言われた
「桃岩荘」を体験することが何よりの目的でもあるのだ!
何がスゴイかって、それはまた後で説明しましょうねぇ~

12日(木)仕事した後最終便に飛び乗り千歳空港に着く。
さむー。14℃しかないし。。。
会社の後輩Iちゃんが去年転勤で札幌支店に勤務しているので
泊めてもらう。Iちゃんも礼文に一緒に行く事になったので3時半に起きて
日本海側の海沿いをひたはしる「オロロンライン」を爆走し稚内へ。



c0000816_22152916.jpg稚内からはフェリーに揺られて2時間の船旅。
あいにくの曇り空ではあるがこの地に来れただけでもヨシとしよう!
といいながら船に揺られつつ北海道限定サッポロクラシックビールで乾杯。はい。どこでもとりあえず飲んでます(笑)


なーんて思っていたら礼文島が近づくにつれ晴れてくるじゃないですか!!これは晴れ女伝説の始まりかぁ??最近めっきり天気に強いw


c0000816_2261013.jpgc0000816_2264015.jpg

写真左が出港したての稚内で右が礼文島。


c0000816_22354496.jpg港では本日のお宿「桃岩荘」のヘルパーさんが「ブルーサンダー号エース」(ただの軽トラ!?)でお出迎え。「桃岩荘」の名前の由来はこの写真の右、先のとがった桃の形に見えるらしい「桃岩」の近くにあるユースだから。その桃岩荘を簡単に説明すると


①時間、規律、規則がきっちり
②桃岩時間と言って日本で唯一時差がある
(単純に日の出が早いから30分繰り上げて桃岩時間を設定しているだけだが。)
ただ、すべて桃岩荘にいる間はこの桃岩時間で生活する。
たとえば日本時間の5時ならば、桃岩時間(略して桃時)でいうと5時半になるのだ。
③夜は唄って踊るミーティングがある
④あいさつが好き
⑤夜は10時に完全消灯(電気も真っ暗)
⑥アルコール一切禁止!!

まぁこんな感じ。何でみんな泊まるのかわけわからんよねー。
それは行って体験した人にしかわからないのだぁ。(と言ってしまったら元もないけどw)

で、話を戻すと港に来たお出迎えの車に乗り込む。
そこからすでに桃岩ワールドが始まるのだ。

宿につくまでの間に島の説明をうけながら、途中トンネルに差し掛かると
そこで「知性、教養、羞恥心」を捨ててくださいね。といわれる。
確かにこれを捨てなきゃやってらんねーな。この宿は。


c0000816_22503650.jpg宿についたらこれまた熱烈なお出迎え。男ヘルパーからお客まで、居る人みんなで
「おっかえりなさーい」

そんな宿にも癒しの場所はある。
宿の前に佇むベンチ。海をみながらボーってできる。私、このベンチなら1日過ごせる。



夕食はまぁいたって普通。食器も自分で洗って、いよいよ、夜のミーティングタイム。
ミーティングは自由参加というものの全館に響き渡るのでまぁ半強制ですw

島内案内や今後のタイムスケジュールなんかをおもしろおかしく男性ヘルパーさんが
説明したり突発的なショートコントが入ったり、そしてみんなでバリバリのフォークソングやヘルパーさんが毎年自作している今年の唄なんてのを大合唱。

そしてアニメソングなんかをみんなで踊る。
踊りをしらなくてもぶっつけ本番。見よう見真似で踊る。踊る。そして、踊る。
アルコールなしでこんなに盛り上がれるのはスゴイ。
逆にアルコール入ったら危ないわ。

昔のユースはこうしてみんなで歌ったりしてたらしいですが
今ではもう、このユースくらいらしい。

恥ずかしいと思ったら一緒になんて踊れません。
羞恥心を捨てて一緒に楽しまなくては損です。
でも、ダメな人にはまるっきり合わない宿でしょうね。

でも、お酒も飲まずにいい歳なっても真面目にバカがやれる空間って素敵だなって
思いました。さすが噂の桃岩荘。


そしてミーティングが終わったら翌日のトレッキングツアーに参加する人の
説明会が行われる。やっと自由時間となっても消灯まで30分しかありません。
歯磨いて次の日の用意をしたらあっと言う間に真っ暗。
他の宿泊者と話す時間はほぼ無いに等しいです。人間真っ暗にされると
寝れるものですね。10時なんかに寝れないって思っても案外寝れました。

さぁ、次の日は4時半起きで島縦断だぁー!!

その2へつづく
[PR]
by machigua | 2007-07-19 21:50 | 旅の出来事

深夜遅くより始発まで営業します
by machigua
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
日帰り旅行の情報です
from 日帰りガイド
リピータを増やす為にすること
from 内職副業!誰でもすぐ出来るブ..
07GW 小笠原紀行⑭ 完
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑫
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑩
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑧
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑦
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行①
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
とぅばらーま教室
from 三線・地謡の【お祝い】ブログ
[八重山商工2回戦]9回..
from 南西ブログ~沖縄とか、
rink
モリハラ店主のblog
spiceherbな出来事
hiroさんのblog
牡蠣フライにはケチャップ
べっちーさんのblog
だっからよー な日々
takarinさんのblog
てぃだぬあがるまでぃん
ちゅんせさんのblog
蒼穹のムリカ星
加恵蔵さんのblog
*加恵蔵日記*
りる姉さんのblog
ゆみん☆の食卓&diay
ごんぞさんのblog
三線弾きはカジマヤーで魂を売る?
ダイバーうきくささんのblog
うきくさただよふ
おネェのblog
in Love with ocean, summer & surf
ライフログ
お気に入り

ナラタージュ

検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧