種子取祭
c0000816_20463741.jpg沖縄県八重山郡竹富町竹富島。数多くの祭事が今もなお受け継がれ執り行われているこの八重山諸島でも、特に祭事が多いと言われている竹富島。その竹富島で1番の大きな祭り、種子取祭を観に行ってまいりました。



c0000816_2054414.jpgここで種子取祭のマメ知識。種子取祭は新暦10月、11月に廻り来る干支の申申(きのえさる)~壬辰(みずのえたつ)の日までの9日間であるが、最も祭りらしくなる奉納芸能の日は、庚寅(かのえとら)と辛卯(かのとう)の2日間である。というわけでわたくしが竹富島に上陸したのは奉納芸能1日目の午後からである。(写真は竹富口説)




c0000816_016138.jpg種子取祭の初日の奉納芸能が終わると、ユークイ(世乞い)が行われる。世持御嶽(ユームチウタキ)を出発し種子取祭を戊子(つちのえね)の日に定めたとされる根原家へ「道歌」を唄いながら向かう。根原家のユークイが終わると玻座間東・玻座間西・仲筋の3つの集落に分かれて各家々を廻る。このユークイは夜通し行われる。各家の門に入ると「巻き歌」をうたいながら円を描くようにぐるぐる廻り


c0000816_0235156.jpgその後「シキドーヨ」をうたい、ガーリー(東西に分かれた集団が踊りながら前進、後退を繰り返す)が行われる。その後座敷にあがって神司の祈願が済むとお神酒がまわされ「タコとニンニク」が振舞われます。どんな不漁な時、どんな不作の時でも「タコとニンニク」だけは得ることが出来たので貧しいながらも家に訪問してくれれば喜んでお迎えいたします。ということなのだそうです(画像はタコとニンニク)



c0000816_0373514.jpg当主が胴上げされながら座敷に上がります。ちなみにこの日は島中がニンニクの匂いで充満しています。ニンニクが苦手な人にはちときついかも。でも、1つ食べてしまえばみんな同じさ~。といいつつまっちーはにんにくを食べるとムカムカしてしまうので食べれませんでしたが、匂いはどんどん鈍感になり、慣れてしまうものです。


c0000816_041058.jpg座敷にあがると座敷歌をうたいます。この時一般の観光客も空いてるスペースに上がらせてもらえますが白い手ぬぐいを頭に巻いていないと上がらせてもらえません。ですのでユークイを観にいかれる時は奉納芸能の会場で売っている手ぬぐいを購入してください。ユークイで唄われる歌詞集もついています。実はまっちーは購入しなかったため偶然島で会ったKりんにかしてもらいました。
まっちーは今回、最後まで観ずに10時半の最終便で石垣へ帰りました。そしておとなしく就寝。

2日目に続く。
[PR]
by machigua | 2005-11-13 21:02 | 旅の出来事

深夜遅くより始発まで営業します
by machigua
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
日帰り旅行の情報です
from 日帰りガイド
リピータを増やす為にすること
from 内職副業!誰でもすぐ出来るブ..
07GW 小笠原紀行⑭ 完
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑫
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑩
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑧
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行⑦
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
07GW 小笠原紀行①
from 「なか」はこんな人間だっぺ。
とぅばらーま教室
from 三線・地謡の【お祝い】ブログ
[八重山商工2回戦]9回..
from 南西ブログ~沖縄とか、
rink
モリハラ店主のblog
spiceherbな出来事
hiroさんのblog
牡蠣フライにはケチャップ
べっちーさんのblog
だっからよー な日々
takarinさんのblog
てぃだぬあがるまでぃん
ちゅんせさんのblog
蒼穹のムリカ星
加恵蔵さんのblog
*加恵蔵日記*
りる姉さんのblog
ゆみん☆の食卓&diay
ごんぞさんのblog
三線弾きはカジマヤーで魂を売る?
ダイバーうきくささんのblog
うきくさただよふ
おネェのblog
in Love with ocean, summer & surf
ライフログ
お気に入り

ナラタージュ

検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧